世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャンクフードは、うつ病リスクを高め、食用油脂はリスクを減らす!

AFPは2011年01月27日に、スペインのナバラ大(University of Navarra)とラスパルマス・デ・グランカナリア大(University of Las Palmas de Gran Canaria)の研究チームは、平均年齢37.5歳の1万2059人のボランティアを募り、1999年から2010年にわたって各人の食生活とライフスタイルを調査・分析した結果を米国の科学雑誌「プロスワン(PLoS ONE)オンライン版」で2011年01月27日に公開し、TFA(trans unsaturated fatty acids/トランス脂肪酸)やSFA(saturated fatty acids/飽和脂肪)を多く含む食品を食べるとうつ病になるリスクが高まると言う調査結果を発表したと報告した。

この調査で追跡したのは、SFA(saturated fatty acids/飽和脂肪酸)、PUFA(polyunsaturated fatty acids/多価不飽和脂肪酸)、TFA(trans unsaturated fatty acids/トランス不飽和脂肪酸)、MUFA(monounsaturated fatty acids/一価不飽和脂肪酸)、および食用油脂(オリーブ油、種子油、バター、およびマーガリン)が憂うつの事症例として分類された。

ジャンクフードとうつ病の関連性を示す研究は、これまでにもいくつか報告されている。

http://time-az.com/main/detail/27716

スポンサーサイト
  1. 2011/01/27(木) 15:10:30|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。