世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガボンでチンパンジーとゴリラ頭が差押えられた!

BBC Newsは2011年01月20日に、環境グループの世界野性生物基金(World Wildlife Fund)が、中央アフリカで不法に殺したもの凄く大量の猿の身体の一部をガボン(Gabon)の監視組織が差し押さえたと言ったと報告した。

逮捕された密猟者は、絶滅の危機に瀕しているゴリラの頭を5頭分、12頭のチンパンジーの頭と30頭のチンパンジーの手を含んでいた。

では、このゴリラの頭やチンパンジーの頭と手をどうしようというのかといえば、
WWFによれば、伝統的なお守りとして、アフリカの野生生物の肉は取り引きで使用され、しばしば荒らされ的ていると話している。

そう言えば、もちろん日本も含め、中国やチベット、韓国、台湾などでは漢方薬や伝統香料として、野生動物の乾燥したものを売っていた。
今でもときどき問題になっている!

しかし、その効果はかなり怪しく、迷信的に利用されていることも多い!

もし、精力剤として虎の性器を欲しがるなら、私のところに言ってくれば、そんな迷信より、アホの旋回として、もっと簡単な「極楽秘薬」の作り方を教えてあげるのに!

チンパンジーとゴリラ以外にも、
12枚のヒョウ皮
ライオン皮の一部
ヘビ皮
5個の象の足を含んでいた。
これらは先進国の非常識なコレクターが買うのだろう。

そう言えば、あおれほど味覚が鋭くない人までが、密漁キャビアを買って、旨いなどとほざいている。
以前、ビートたけし(北野武)がテレビ番組で旨いなどと言っていたが、父親はペンキ屋で、シンナーで味覚馬鹿になっているはずである。

チベット人が毛皮の衣服を着ないようにすることで野生生物を保護すると言う精神的指導者のダライ・ラマからの上告で、通常の2倍の人が仏教徒の巡礼地インドのダラエムサラーム(Dharamsala)を訪れ、虎、ヒョウ、キツネ、およびカワウソの毛皮の山ができ、中国側のチベット人によって火をつけられ、燃やされた。

ガボン(Gabon)のGoogle Earthポインター情報
0°48'13.28"S,11°36'34.00"E

http://time-az.com/main/detail/27632

50878489_p1000683.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/21(金) 10:00:09|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。