世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジョブスが死んでもAppleは大丈夫!?と言うアナリスト!

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2011年01月18日に、MIGUEL HELFTのレポート「Apple's Revenue Rises 70% on Sales(アップルの販売収入は70%上昇)」を公開し、世界中の消費者は、目眩がするような速度でiPhones とiPadsに飛び付くように、Apple Shopsとと他のアウトレットに押し寄せ、百万ものラップトップ、特に新しい超軽量のMacBook Airを買ったと報告している。

それは、Appleの高価な機械デバイスを歴史的に避けたビジネスさえ、製品を抱擁するように見えたと言っている。

その結果、火曜日の報告された記録的な販売でAppleは、2010年の最後の3カ月の利益でアナリストの強気の予測をもの凄く遠くに超えていた。

そして、カウフマン・ブラザース(Kaufman Brothers)のアナリストであるショー・ウー(Shaw Wu)は、
「アップルは既に多くの会社の嫉妬です。」
「まだそのような高い頂点に達している後に、彼らは、さらに競争からさえ自分たちを遠ざけることができるように思えます。」
と言った。

アップルの優れた結果は、会社の共同設立者でチーフ・エグゼクティブのスティーブン・P.ジョブス(Steven Paul Jobs/1955 - )の健康上の投資家による心配を少なくとも当分軽くし、心配ははるばる遠くに向かって行きそうであったと言っている。

ジョブスの不在の間、会社を経営するCCO(chief operating officer最高執行責任者)ティモシー・D.クック(Timothy D. Cook)「私たちは、社運として非常に自信を感じます。」と言った。

しかし、それらはすべて未来予測であり、未来予測ほど無責任なことはなく、現実にジョブスが死んで、そのときiPhoneやiPadがどのような状況に追い込まれているか、それをどう克服するか?

このような意見が出るのも、ジョブスの余命がかなり限られてきたことを証明したに過ぎないのであった。

ただ、それだけであった。

WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)は、80歳にも感じそうな1955年生まれのジョブスの写真を公開している。

http://time-az.com/main/detail/27604

P1-AZ087_JobsJu_G_20110117182234.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/19(水) 12:34:45|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。