世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

米国も配電ネットワークのセキュリティ近代化が遅れている。

電気事業は、信頼性と効率を高めるために、一般的にスマート・グリッド(smart grid)と呼ばれる全国的な取り組みに、ますます必要になり、その一部としてIT(information technology情報技術)システムを操作が組み入れている。

これらの取り組みがしっかりと実装されないなら、配電ネットワークがサービスの攻撃と損失により被害を受け易くなるかもしれないという関心があった。

そので米国のGAO(General Accounting Office/米国政府監査機関)はは2011年01月12日に、「Electricity Grid Modernization: Progress Being Made on Cybersecurity Guidelines, but Key Challenges Remain to be Addressed」を公開し、
(1) NISTが開発したスマート・グリッド・サイバー・セキュリティ・ガイド(smart grid cybersecurity guidelines)の適用範囲を算定する。
(2) FERCのアプローチとしたスマート・グリッド・サイバー・セキュリティと他の規格を採用して、モニターを評価する。
(3) そして、たスマート・グリッド・サイバー・セキュリティに関連している挑戦を特定する。
ため、理解するため、政府機関ドキュメンテーションを分析して、責任がある職員にインタビューして、専門家を接待して調査を実施したと報告した。

つまりは、お役所仕事で言いっぱなし、やりっ放し、命令しっぱなしで放置された、責任回避のままだったことが明らかになっている。

これは多分、日本のお役所も同じだろう。

これらが明らかになったので、それにどう対応すべきかを検討すべきと言える。
もしそれができない場合は、その組織を改組すべきであり、その責任者が怠っているのであるなら、責任不履行と言うことで懲戒免職にすべきと言える。

つまり、すべきことを実施しない人や組織は、国民の血税で養ってはいけない。

http://time-az.com/main/detail/27522

Electricity Grid02
スポンサーサイト
  1. 2011/01/13(木) 11:19:26|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。