世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010の本のベストセラーで判る書店の傾向と出版の成功の鍵!

MarketingChartsは2011年01月08日に、実に面白い2010の本のベストセラー比較をしている。

MarketingCharts が比較したのは、バーンズ&ノーブル(Barnes & Noble)からの2010年のトップ10のベストセラーブックのリストと、アマゾン(Amazon.com)からのKindleを含んだ、トップ10の総合的なベストセラーブックのリストで、そこには物理的な本の読者と、電子ブックを含んだあらゆる形態の本の読者の間の読み込み好みのいくつかの著しい違いを示した報告した。

その決定的な違いのポイントは、ジョージ W. ブッシュ元大統領(former President George W. Bush)の伝記「決定ポイント(Decision Points)」の販売傾向で、バーンズ&ノーブルのリストでは、ナンバー・ワンであったが、アマゾンでは、リストにも出てこなかった。

フィクション・スリラーでは、スウェーデンの作家スチィーグ・ラーソン(Stieg Larsson)の「スズメバチの巣を蹴った少女(The Girl Who Kicked the Hornet's Nest)」がアマゾンでナンバー・ワンであったが、バーンズ&ノーブルのリストでは、ナンバー4であった。

これで明確になったことは、アマゾンやアップルは、Wikileaksを閉鎖したことは、政治的に従ったが、ビジネス的にはマイナスであったと言うことだろう。
そして、マイケル・ムーアは、ジュリアン・アサージを支持したことで得点を上げた。

また、雑誌「TIME」は、「TIME's 2010 Person of the Year」候補でWikiLeaksのアッサージがトップであったが、Person of Yearに、米国の国防総省の敵を選べなかったことから、読者の意見を無視して、国防総省に従った雑誌として、世界中から信用を無くしたということになった。

出版社の未来に向けたビジネス傾向から、何をすべきかまで明らかになってきた。
これは、新聞社やテレビ局にも言えることだろう。

もっとも買ってくれそうなのは、若者であった!
そして、若い頃は反抗的であったことを思い出せば、政府に従順なことは、マイナスであり、ビジネスでは成功できないと言うことかもしれない。

ただし、注意すべきことは、これが米国のデータで、日本のデータではないことだろう。
ところが最近は、米国服従、米国追従傾向がますます高くなっていると言うことであった。

http://time-az.com/main/detail/27455

Amazon-Kindle-and-Books.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/08(土) 10:35:29|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。