世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パレスチナで起こった催涙ガス弾「Stinger」によるアブ・ラーマーの死。

ニューヨーク(New York Times)は2011年01月04日に、パレスチナで2011年01月01日土曜日に起こった催涙ガス弾による36歳のパレスチナ人女性アブ・ラーマー(Jawaher Abu Rahmah)の死の事件が、永続的な闘争物語の新しいシンボルになっていると報告した。

彼女は、彼女の母親スービヤ(Soubhiya)と、遠方から抗議を見ていたが、催涙ガスの雲がそれらの道に漂ったとき倒れた。

目撃者は、アブ・ラーマーの口からの白い泡を吐いて、すぐ放ち始めたと言った。

イスラエルの軍事の疑問が匿名で投げかけていた状態で、医療文書で、支持されたパレスチナ人アカウントにより、病院から2人の医師とディレクターによってサインされた2011年1月2日に日付を入れられたレポートで、ムハンマド・アイデー博士(Dr. Muhammad Aideh)は、彼女の死は「家族としてのイスラエル軍人によって言われた攻撃の後に、未知のガス中毒」を引き起こした。
またムハンマド・アイデー博士、患者が「催涙ガス吸入で引き起こされた肺不全が、心臓発作に通じて死んだ。」と言った。

しかし、調査が進行中であったので、匿名を主張したイスラエルの軍高官は、戸外でだれでも殺す催涙ガスについて一度も聞いたことがなかったと様々なジャーナリストとブロガーに言って、彼女の死を引き起こしたことが催涙ガス単独によるのか、または何らかの先在的な病気に苦しんでいた可能性を上げた。

http://time-az.com/main/detail/27413

218364549.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/05(水) 11:32:04|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。