世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のConsumer Electronics Showは大丈夫か?

米国の雑誌「TIME」は2011年01月04日に、ヘンリー・マッククラッケン(Harry McCracken)の「What to Expect From This Week's Consumer Electronics Show(今週のコンスーマー・エレクトロニクス・ショーから予想するべきこと)」を公開した。

ヘンリー・マッククラッケンは2011年1月6日に始まる国際コンスーマー・エレクトロニクス・ショー( International Consumer Electronics Show)に関して知るために必要とする最初のものがあり、名前にもかかわらず、そこでは、どんな消費者も見つけられないだろうと言っている。

なぜなら、そこは消費者の入場を禁止している。

しかし、それより悲惨であったのは、2010年のConsumer Electronics Showで話題になった熱い新しい製品カテゴリーであったスレートPC(Slate PC)、smartbooksなどは、Consumer Electronics Showの2週間後に、アップル(Apple)の最高経営責任者スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)がサンフランシスコでiPadを発表し、それらを完全に粉砕してしまった。

つまり、2010年のConsumer Electronics Showの内容が完全に葬り去られ、無関係にしてしまった。

今年話題になるのは、3-DTV、タブレット、そしてさらに多くのタブレット、Windowsの将来のバージョン、車のハイテク技術などが話題になると言っているが、
3-DTVは本当に売れるのか?
タブレットの多くは2月にスペインで開催される携帯電話会議が開発の締め切りになっている。
Windowsの将来のバージョンというが、今さらパソコンでもなくなっている。
車のハイテク技術などは、かなり限定され、オートショーに話題が移動している。

どうも、Consumer Electronics Showは間口が広すぎて、全体に呆け始め、一時のように話題をさらえるような時期が終わったような気になってきている。

http://time-az.com/main/detail/27405

CES10.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/04(火) 18:02:46|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。