世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パキスタンにできたファーストフード働くで女性の悩みと順応性。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2010年12月26日に、アダム・エリック(Adam B. Ellick)のレポート「Necessity Pushes Pakistani Women Into Jobs and Peril」を紹介し、女性がパキスタンで働きだしたのはフェミニズムによってではなく、インフレーションが過去7年間で1.4%から12.7に%をスパイクし、その結果、男性一人の給料だけでは、もう家族に食べさせることができなくなっていたからだと言っている。

KFCパキスタンの最高経営責任者ラフィク・ランゴンワラ(Rafiq Rangoonwala)は、「それは経済的必要性だけではなく、国の必要性でもあります。」
「さもなければ、パキスタンは決して進歩をしないでしょう。」
「人々の15%で、人口の85%を食べさせることができないので、私たちはいつも第三世界国のままで残るでしょう。」と言っている。

パキスタンは、来年までに労働人口における女性の数を倍にするように挑んでいる。

パキスタンのKFCの女性の雇用は過去5年間で125%上昇した。

しかし、パキスタンで女性が働くことへの現実は、非常に厳しい。

この記事は、非常に面白いので、少し長いが面白い部分を多くかいつまんだ!

女性が、パキスタンでも確実に育っている。
そして、男が現実を理解できなくなっていくことだろう。

戦後の日本の女性に似ている。

もう、ボッカチオのデカメロンより、面白くなった世界が起こり始めている。

女性解放の大きな歴史が開かれようとしている。

こんなときに、今度は米国で保守的行動をApple社のジョブスが始めている。

それらを比較すると、何となく、滑稽でもあり、お互いが悪いジョークをしているようにも感じる。

http://time-az.com/main/detail/27301

KARACHI-2-popup.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/12/27(月) 12:33:01|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。