世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オバマは、スティーブ・ジョブスとアメリカンドリームを強調。

MacObserverは2010年12月23日に、ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)は最初に異例の「Editor's Note」を公開し、これから話すことは、主に米国政治に関してであって、政治と技術がどうしばしば交差するかの例です。
また、それは、アップル(Apple)とその最高経営責任者スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)の両方が主流の世界に実現した例です。
Macサイトで政治に関するのが嫌いなら、読まないでください。
と注意書きしている。

米国大統領バラク・オバマ(U.S. President Barack Obama)は木曜日の記者会見で、「アメリカンドリーム(American Dream)」の重要性を例証するためにアップルの最高経営責任者スティーブ・ジョブスを選んだ。

米国大統領は、中産階級を保護する重要性について話して、すべてのアメリカ人に機会を提供し、そして、彼はそうする利益の例としてスティーブ・ジョブスを使用した。

しかし、手術のときに、きっと神に祈ったのに、
「アメリカンドリーム(American Dream)」をつかんだかもしれないアップルの最高経営責任者スティーブ・ジョブスは、キリストを蹴飛ばす側に付いた。

次の手術では、神に祈っても聞き届けられないだろう。
ラスト・ラインを超えてしまった。

米国の現代医学が、神の領域を駆逐したと考えたのかもしれない。

スティーブ・ジョブスは、インドでの体験で菜食主義者になった。
しかし、スティーブ・ジョブスは真実の神をインドで見ることができなかった。

現代医学の限界を感じたとき、神は彼をもう助けられない。

それが、米国大統領バラク・オバマが言う「アメリカンドリーム」の限界かもしれない。

http://time-az.com/main/detail/27261

whitehouse20101222.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/12/24(金) 11:09:01|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。