世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

米国は毎年食物で、4800万人が病気になり、3,000人が死んだ。

ボストン・グローブ(Boston Globe)はワシントン・ポスト(Washington Post)からの情報として2010年12月16日に、疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)が発表した情報では、毎年6人に1人が食物から病気になり、約3,000人はその病気が原因で死亡していたと報告した。

最も新しい数字は1999年に米国人の4人に1人が、毎年病気になり、5,000人が死ぬと予測するレポートがあり、これが最悪であった。

しかし、CDCの職員は、新しいデータを以前の数字にたとえることができないで、食中毒が減少していることを意味すると解釈するべきではないと言っている。

レポートは、毎年の4800万人のアメリカ人が食物から病気になると予測している。

それには、少なくとも31の知られているバクテリア、寄生体、および他の病原体の1つによって汚染された食物を食べた後に、940万が病気にななった。

しかしレポートには、残っている3800万人の犠牲者が未知の病原体によって毒殺されると書かれていた。

食物感染病の量とタイプを測定するのは難しいく、くの犠牲者が、医療助手を求めないで、彼らの病気がしばしば報告されずに終わって、原因が食物であったとわかりもしないときさえあったと報告している。

こんな状態で、狂牛病の牛の調査結果を聞かされても困る!
何人死んでいても把握していなかった。

http://time-az.com/main/detail/27190

foodborne_graph1.gif
スポンサーサイト
  1. 2010/12/18(土) 21:42:13|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。