世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少なくとも10の異なったタイプの隕石を含んだ隕石を発見。

NASAは2010年12月15日に、2008年10月にヌビア砂漠に衝突した小惑星の残りを研究する国際的な科学者チームは、それが少なくとも10の異なったタイプのいん石を含んでいたことを発見たことを報告した。

それらのいくつかが、地球の生命体構成要素を形成する化学物質を含んでいた。
そして、それらの化学物質は小惑星のすべての地域を通って、衝突で拡大していった。

カリフォルニア州モフェット・フィールドにあるNASAのエームズ研究センター(Ames Research Center in Moffett Field, Calif.)の天文学者ピーター・ジャニスケンス(Peter Jenniskens)、、、および、カリフォルニア州マウンテンビューのセティ研究所(SETI Institute of Mountain View, Calif.)が砂漠でそれを捜すためにスーダンでハルツーム大学University of Khartoum in Sudan()からのリカバリー・チームが案内を助けた。

4つの遠征チームの約150人の学生が合計23ポンド以上の重さがあるおよそ600個の隕石の破片を回収した。

この研究は、Meteoritical Societyのの雑誌「Meteoritics and Planetary Science」で、20の論文と共に公開される。

2008 TC3 fireball
21.00°N 32.15°E
または、
21.00; 32.15

2008 TC3 projected impact
20°18′N 33°30′E
または、
20.3°N 33.5°E
または、
20.3; 33.5

2008 TC3 initial detection
20°54′N 31°24′E
または、
20.9°N 31.4°E
または、
20.9; 31.4

2008 TC3 final explosion
20°48′N 32°12′E
または、
20.8°N 32.2°E
または、
20.8; 32.2

http://time-az.com/main/detail/27176

2008TC302.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/12/17(金) 21:58:51|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。