世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヨーロッパの子供は、ほとんどオンラインでいじめられていなかった。

ドイツのDeutsche Welleは2010年12月08日に、新しい研究調査によると、ほとんどすべてのヨーロッパの子供が自分達がオンラインで見つけるものによって苦しめられるというわけではないことを明らかにしたと報告した。

25の欧州諸国で9から16歳の子供と若年層2万3000人以上に聞き取り調査した結果、若年層の12%は、インターネットの何かで苦しめられたか、または動揺したと言ったが、研究者が予想したよりはるかに低い数であった。

驚いたことに、若年層がインターネットを使用するトップ活動は、エンターテインメント、ゲーム、およびコミュニケーションで、そのすぐあとに宿題が続いた。

スイスのバーゼル大学メディア科学研究所(Institute for Media Science at the University of Basel in Switzerland)の教授クラウス・ノイマン-ブラウン(Klaus Neumann-Braun)は、何らかの道で若年層とインターネットの周りで多くの議論に伴うヒステリーを鎮めることに向かって、この研究が続くべきであることに注意した。

大人の中には、耳学問で知識を得て、調査もしないで否定する人も多い!

先日も慶応大学の教授という人が、Webで読んで調査もしないで最もらしく解説し、その商品が売れるという騒動があった。

その会社は喜んでいたが、それも読んだWebページが、販売している会社のホームページだったと言うから、とんでもない宣伝係教授がいたと驚いたことがある。

このような洗脳教授は、テレビに出してはいけない。

http://time-az.com/main/detail/27090
スポンサーサイト
  1. 2010/12/11(土) 19:54:03|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。