世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このままでは建ち行かなくなるキューバの経済が、どう変化するか!

BBC Newsは2010年12月02日に、キューバ政府は現状の役割を下げて、私企業を上げることによって社会主義経済を変える計画で立会演説を始めたと報告した。

一般のキューバ人が、これからの4カ月に支配的な共産党議会で、それらの視点を考慮に入れることができるように、変化について議論するよう奨励されている。

政府は、皆がたとえば、キューバの未来で自由行動ができるべきであると言った。
しかし、また、それはキューバの政治システムの「社会主義の性格」が変化しないと主張している。

この2つの矛盾を解決することができるかと言うテーマになる。

公式の共産党新聞(official Communist Party newspaper)「Granma」は、「それは、人々が決める(It is the people who decide)」という見出しの下で、キューバの皆が経済討論に参加するべきであると言っている。

これまで通りでは、キューバの未来は存在しない。

見本にしたロシアは崩壊した。
中国は変わった!
ベトナムも変わった!
変わっていないのは、キューバだけであった!

キューバには、すでに若いエネルギーが生まれている。
それを弾圧したことが、大きな間違いの道になってきた。

カストロは革命家から、独裁者になっていた。

キューバは、世界で最低のコミュニケーション環境であった。
キューバの若者は、束縛のないインターネット・アクセスを政府に要求していた。

キューバでは、通信の闇市場があり、何故そのような市場ができたのかを理解しないで弾圧し、道を外した。
キューバ政府は、AT&TとMCIワールドコムの電話サービスをカットした。

フェデロ・カストロが引退を表明する直前のキューバは、間違いだらけであった。

http://time-az.com/main/detail/26960

granma06.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/12/02(木) 12:42:28|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。