世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

体重比で最も大きな睾丸(こうがん)を持っているキリギリス。

AFPは2010年11月10日に、英国王立協会(British Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」で、地球上の既知の生物の中で体重比で最も大きな睾丸(こうがん)を持っているとするキリギリスの一種を紹介した論文が掲載されたと報告した。

その論文によると、キリギリスの一種「tuberous bushcricket(学名:Platycleis affinis)」は、体重比13.8%の睾丸1対を持っている。
それを人間で比較すると、タイヤほどの大きさの睾丸で、1対10kgの睾丸になる。

これまでの記録は、ミバエ(Drosophila bifurca/ショウジョウバエ)で、体重比の睾丸が10.6%として記録されていた。

男性は、女性パートナーが多ければ多いほど、睾丸が大きい傾向がある。
より大きい睾丸は、より多くの精液を作り出す。
そして、長年の仮定は、一種のナンバーズ賭博が彼女の卵を受精させるように女性の中で使い果たされるということになる。

脊椎動物種で、私たちの最も近い霊長類、親類を含んで、多くの実験がその考えを証明した。

しかし、対立仮説は、より大きい睾丸が単一の仲間に割り当てられた精液のより多くの量よりむしろさらに高い総数の仲間を可能にするということであった。

では、このキリギリスはなぜ睾丸が大きいのに、精子の数が少ないのか。論文を執筆したイギリスのダービー大(University of Derby)の行動環境学者カリム・バハード(Karim Vahed)博士は、
「これは対立仮説をたいへん支持します」
と言っている。

http://time-az.com/main/detail/26670

Platycleisaffinis03.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/11/11(木) 19:31:44|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。