世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツを守るために争ったユダヤ人のためのセレモニー。

えっ!と思うかもしれないが、世界第一次大戦ではユダヤ人がドイツ軍に参加していた。

ニューヨークタイムズ(new York Times)は2010年11月07日に、ドイツを守るために争ったユダヤ人のユニフォームであったスカルキャップを着たドイツ軍人は、2010年11月07日日曜日に第一次世界大戦の間、皇帝を守るために争いながら殺された467人のユダヤ人軍人のためのメモリアルへ花輪を前に置くためにフランクフルトで葉で覆われた墓地を通って静かにファイルしたと報告した。

だれでも思い出すことができる最初のサイトの社会奉仕のメモリアルは、存在が少なくとも何人かのユダヤ人により、彼らが再び一度破壊しようとした国の愛国者であることであることが可能であると感じたと証言するドイツ軍の小さい、しかし、増加しているユダヤ人の兵隊グループの協会によって組織化された。

ドイツ国防省の一般的な技術スペシャリストで、ユダヤ軍人協会(the Association of Jewish Soldiers)の副議長ギルデオン・ローマー-ヒレブレヒト(Gideon Römer-Hillebrecht)は、メモリアルの式典でいくつかの国家軍と多数の高官について代表に「ますます若いユダヤ人はドイツ軍(Bundeswehr(を信じています。」と言った。

フランクフルトに住むユダヤ人の中には、石っころをダイヤモンドに変えた人や、紙くずを希少本に変えた人が居る。

とくに、紙くずを希少本に変えたコンラード・ベアーが居なければ、世界にこれほど古書の大切さを知らせることはなかったし、多くの博物館に古書が展示されることもなかった。

私の手元には、サザビーズやクリスティーズが今ほど有名になる前、古書のオークションを始めた頃の古書カタログがある。

この古書カタログは、ベアーの古書店で丁稚奉公をしていて、1999年に死去したホフマンが大切に保管していたものを、息子が売り出してしまったものである。

また、ベアーの古書店の建築物は、今もフランクフルトに残っていて、その建物では今も古書を販売しているが、経営者は変わってしまった。

ベアーの古書店の建築物を世界遺産にしない世界の古書店やオークション会社は、異常なのかもしれない。

初代Bear店主Simon Leopold Bearは、ナチに捕まり、強制収容所に送られた後、行方が判らなくなっている。

ただし、生前にホフマンと何度も話を聞いた私は、ベアーの古書店にオール・パーチメント(全ページ羊皮紙)のグーテンベルグ42行聖書や36行聖書、紙に印刷された42行聖書や36行聖書、カトリコンなど、今買えば数US$100億以上の古書が金庫にあったと言っていた。

それらの多くは、今も見つかっていない。

まさに、古書のミステリーが隠されている。

http://time-az.com/main/detail/26618

08474.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/11/08(月) 10:58:59|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。