世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NASAは、月面探査でロボットを月に送る!

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2010年11月01日に、NASA(National Aeronautics and Space Administration/ナサ)は、US$1500億で月に宇宙飛行士を送る計画を提案したが、オバマ政権は、それが高価過ぎると判断し、2010年9月に議会は、プログラムを中止するのに同意した。

ロケットのUS$約2億5000万に伴うUS$2億ドル未満という予算のために、NASAのヒューストンにあるジョンソン・スペース・センター(Johnson Space Center in Houston)の技術者は、その予算で安全に人型ロボットを月に送ることができると言った。

そして、彼らは、1,000日間後にそれを達成するかもしれないと言った。

NASAの中のゲリラの努力で、「Project M」として知られているその考えは、ほとんど1年前にジョンソン・スペース・センターの技術者スティーブンJアルテマス(Stephen J. Altemus)によってでっちあげられた。

このロボット開発には、NASAの技術者やGMの技術者だけでは不可能で、日本のロボット工学の支援が必要になる。

もう、生きた人間を宇宙に送り出すという、非合理的な考えは古すぎる。
安全で安価な環境をロボットが準備し、確実になってから生きた人間が出発すべきで、人間モルモットのような考え方は、それだけで人権問題である。

http://time-az.com/main/detail/26544

ROBO-popup.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/11/02(火) 16:29:21|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。