世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だれが、1910年に無線を統治していたか?だれが現在、それを統治しているか?

Ars Technicaは2010年10月25日に、マテュー・レーザー(Matthew Lasar)による「Who "ruled the air" in 1910? (and who rules it now?)」を公開し、1世紀前は現代の反対分子電話会社AT&T(American Telephone and Telegraph)が気付くと公共の心配の海で泳いでいた。

したがって、当時のAT&Tは、現在の「Rule the Air」というベライゾン(Verizon)のキャンペーンのProgressive Era同等物を始めた。

結論として、米国は政界を統治し、独裁化体制を築きたがっていると言うことだろうが、世界の誰も米国にそうなって欲しいなどと望んでいないように、ベライゾンは米国の無線を統治し、独裁化体制を築きたがっているが、米国国民の誰もベライゾンにそうなって欲しいなどと望んでいない。

このキャンペーンを見て思い出すのは、ドイツのナチだけであった。

ベライゾンは、ヒットラーのようになりたいのかもしれない。

そして、米国は世界統一の願望があり、GoogleはStreet View、Androidなどで、世界中の人間を裸にしたがっている。

それがどれほど危険かと言うことは、すでにみんな知っているようだが、それが防げないまま、深く潜行し始めている。

なぜ、AT&T分割が必要だったのか?

http://time-az.com/main/detail/26453

RuletheAir01.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/10/27(水) 11:46:17|
  2. 世界のメディア・ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。