世界のメディア・ニュース

世界のメディアから、ITやメディア、インターネット、情報通信関連の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デンマークで最も読まれた新聞「Nyhedsavisen」閉鎖!

Copenhagen Postは2008年9月1日に、基金の不足により、デンマークで最も読まれた新聞といわれた日刊フリーペーパー「Nyhedsavisen」が1カ月前に何100万kroner投資を保証されたにも係わらず、発行を中止したと報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=10874

新聞社の従業員は、8月に彼らの仕事で未払いのまま、閉鎖に直面している。

MLメディア(ML Media)は1カ月前に、大きい米国の投資レポートによれば、85%の新聞の株を増加させた。

ベンチャー投資家のDFJ(Draper Fischer Jurvetson)は7月に、合計でDKK(デンマーク・クローネ)100万を投資する計画をしていた。

しかし、Nyhedsavisenの親会社365 Media Scandinavia,の役員Jimmy Maymannは、約束のお金が一度も届いたことがなかったと新聞「Berlingske Tidende」に言っている。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/03(水) 19:52:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

MarketingChartsの2008年8月18日版最新レポート紹介

MarketingChartsは2008年8月18日に、
eMarketerによる「オンライン・ビデオ広告レポート」
Harris Interactive Youth Centerによる「米国のティーンズとオリンピック・レポート」
Nielsen Onlineによる「イギリスの子供、ティーンズ、ヤングアダルトの人気サイト・レポート」
商務省国勢調査局による「2008年第2四半期、米国電子商取引販売レポート」
を紹介した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=10717

最初に、eMarketerによる「オンライン・ビデオ広告レポート」を紹介し、eMarketerによる下降修正レポートによると、2008年に、オンライン・ビデオ広告に広告主はUS$5億500万を費やすと予測している。

IAB(Interactive Advertising Bureau)、eMarketerのベンチ・マーク・ソースからの史料に基づいた変化は、大幅ダウンを示した。

オンライン・ビデオ広告は映像を費やすが、2月に発行されたeMarketerの予測では、US$14億費やすと予測していた。
厳しい減少は、2007年の支出レベルかた55.9%の増加であることを示した。

確かに、オンライン・ビデオ広告を見ていると、最初はクリックするが、同じビデオだと2度とクリックしないし、最初のビデオでも最後まで見るにはビデオが長すぎる。

ビデオ広告は、種類のバラエティが揃っていないと、効果は大幅に減少すると言うことになる。

テキスト広告の方が、クリックする可能性は高いのかもしれない。

これは、垂れ流しテレビ広告の技法をそのままWebに持ってきても効果が期待できないと言うことかもしれない。

次に、Harris Interactive Youth Centerによる「米国のティーンズとオリンピック・レポート」を紹介し、米国の13-18歳の約半分(46%)未満はオリンピックへの関心を示し、27%は非常に関心が高かったと報告している。

その次に、Nielsen Onlineによる「イギリスの子供、ティーンズ、ヤングアダルトの人気サイト・レポート」を紹介し、23歳未満のイギリス人を調査した結果、12歳以下は、エンターテインメント・サイトに親近感を持っているが、12-17歳はゲーム・サイトで、学生の18-22歳ではビデオ・サイトであったと報告した。

最後に、商務省国勢調査局による「2008年第2四半期、米国電子商取引販売レポート」を紹介し、季節変動のために調整されるが、価格が変化しないので、米国の小売電子商取引販売2008年第2四半期は概算でUS$346億になり、第1四半期から2.9%(+/- 1.0%)の増加したと報告した。
  1. 2008/08/19(火) 13:46:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィリピン、ラジオ解説者銃殺!

CPJ(Committee to Protect Journalists/ジャーナリスト保護委員会)は2008年8月7日に、地方と国際ニュースレポートからの情報として、ラジオ解説者マーチン・ロハス(Martin Roxas)がオートバイに乗ってRoxas CityのDYVR stationを出ようとしたとき、後部から銃撃者が狙撃し、殺されたと報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=10622

マーチン・ロハス(Martin Roxas)は、DYVR stationで番組ディレクターとして働いていて、午後のショーを終えたところであった。

また、南フィリピンのミンダナオ島にあるGeneral Santos City radio commentatorのラジオ解説者デニス・ケスタ(Dennis Cuesta)も2008年8月4日に、オートバイに乗った銃撃者に攻撃され、重大な頭部外傷を受けたが、昏睡状態のまま入院していると報告している。

マーチン・ロハス、デニス・ケスタ共に、国営放送局Radio Mindanao Networkの系列局である。

また、この2件の事件が、関係しているかどうかなど、情報が錯綜しているとも報告している。

フィリピンは、日本で考えるより、簡単に銃が入手できる。

何度か、安全ピンをはずした銃を突きつけられたこともあるが、人はいつ、どこで殺されるか判らない時代になってきている。
  1. 2008/08/09(土) 18:35:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

中国、国際プレスセンターでアクセスできないことを認めた!

CPJ(Committee to Protect Journalists)は2008年7月30日に、胡錦涛中国国家主席(Chinese President Hu Jintao)が2008年7月29日に安全なオリンピックの重要性を強調し、責任が泰山(Mount Tai)ぐらい重いと言った。
中国のメディアは天安門広場へのアクセスを警備する新しいチェックポイントに関して報告したが、多くの訪問ジャーナリストの心の安全対策については全く言及をしなかったと報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=10546

また、オリンピック職員は、国際プレスセンターの中で、インターネット・アクセスの以前の見込みであった、オープンな状態が迎えられないことを認めたと報告した。

ロイターと他の通信社は、国際オリンピック委員会のスポークスマンであるキーヴァン・ゴスパー(Kevan Gosper)が、当惑しているように思えたと報告した。

最後に、中国のメディアから抹殺されたニュースとして、ブッシュ大統領(US President Bush)と米国の人権記録に関して中国に圧力を加えている5人(Harry Wu, Wei Jingsheng, Rebiya Kadeer, Sasha Gong and Bob Fu)の会議であったと報告している。

中国は、面白いね~

中国はさすが大国、米億のブッシュ大統領も時には抹殺してしまう。

ここらは、日本も独立国なら、見習うべきかもしれません。

胡錦涛中国国家主席は、責任が泰山(Mount Tai)ぐらい重いと言ったが、その責任を取ると入っていません。

つまり、感じるだけで実行は伴わないかもしれないと言うことでしょう。
  1. 2008/08/01(金) 17:51:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国人意識調査、オバマより、マッケインの方が誠実!?

BIGresearchは2008年7月7日に、2008年6月に実施されたパルス調査によれば、公約についてオバマ(Obama)より、マッケイン(McCain)の方が誠実であると答えたと報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=10315

52.4%の米国人は、予備選挙の間に大統領候補指名の推進運動をする上院議員の義務を怠ったと言った。
選挙遊説に関して、四分の一(25.2%)が、前途有望な若者が彼らの責任を無視しなかったと言った。

米国国内と、それ以外では意見に差が出るのは、それぞれのマスコミなどが提供する情報に大きく影響されていると言うことでしょう。

自分の意見をもつには、多くの国で公開される情報を読まないと、一部の情報に振り回されそうです。
その点から言っても、インターネットは多くの国の情報が読め、便利ですが、一部の国では国民に世界の常識を知らせないように操作しています。

それは、日本も同じで、子供のためといいながら、一部にはフィルタリングで自分の常識を全国民に押しつけてきます。

また、インターネットだけから情報を得ていると、オバマが優勢です。

さらに、顔写真の選択も大きく影響してくる。

情報の判断は、それほど容易ではなく、常識が存在するのかどうかも判らなくなる。
  1. 2008/07/09(水) 10:20:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

jiten4u

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。